長期間の沖縄旅行におすすめの時期

閑散期を狙って出掛ける

沖縄旅行は、1週間程度の長期滞在をする事によって多くの観光地を巡る事が出来ます。長く滞在する際は、旅行代金が高額になってしまうのがデメリットであり、その中でも5月の大型連休・夏休み・年末年始に関しては、飛行機代だけでも相当な負担になります。出来る限り旅行代金を抑えるためには、観光客があまり訪問しない閑散期に行くのが向いていて、年に数回閑散期が訪れます。代表的な閑散期は、1月下旬から3月の春休み前・5月中旬から6月・10月から12月中旬にかけてであり、多くのツアー会社は魅力的なセールを実施しています。閑散期の予約は、直前であっても申し込み出来るツアーが多いので、急に沖縄に行きたくなった場合であっても商品を確保する事が可能です。

天候を考慮して予約する

沖縄の天気に付き物なのは、台風や前線停滞による大雨や暴風ですが、その時期を避けて予約する事や、長期の天気予報チェックも非常に大切になって来ます。例年の沖縄の梅雨は、本土より早く始まって早く終わるのが特徴であり、5月から6月にかけての40日強が梅雨期間となっている事に加え、台風は7月から9月に多くが接近します。飛行機が欠航した場合は、ホテルを延泊したり食事代が掛かったりするので、家族旅行で沖縄訪問をする際は、思った以上の出費になるケースも出てきます。なお、欠航時のチケットは、払い戻しを行う航空会社や、一切出来ない航空会社もある事から、天候が悪くなるシーズンに行く時は、払い戻し可能な航空会社のチケットを確保しておきましょう。

竹富島のツアーは、ガイドブックやテレビなどでお馴染みのビーチだけでなく、現地の人しか知らない穴場スポットまで思い思いの時間を過ごすことができます。