短期間の沖縄旅行のおすすめスポット

琉球村では様々な歴史・文化体験ができます

短期間の旅行でも、沖縄を満喫したい人におすすめなのが琉球村です。琉球村は沖縄県国頭郡恩納村にあるテーマパークです。テーマにしているのは昔ながらの沖縄の暮らしで、文化や歴史に触れられます。まず建物は、オレンジ色の瓦屋根の木造住宅などが立ち並んでいます。いかにも沖縄の家という姿ですが、これらはレプリカではなく築80年を超える古民家を移築してきたものです。沖縄の住宅文化を知る上ではこれ以上ない資料といえるとでしょう。次にエイサーの披露があって、すぐそばで鑑賞できるのはもちろんのこと、参加することも可能です。エイサーは沖縄の伝統舞踊で、おもにお盆に踊ります。太鼓を叩きながら踊るので迫力がありますが、三線の奏でるメロディーに南国の気楽さが感じられ味わい深いです。他にも工芸体験や伝統食が用意されているので、短時間でもバリエーションの効いた文化・歴史体験ができます。

国際通りで食事とお土産選びをするのが合理的です

時間を節約しながらもしっかり旅行を楽しみたいなら、移動時間を削るのが常道です。そこでおすすめなのが、国際通りで食事とお土産えらびをすることです。国際通りは沖縄県庁から東に伸びる1.6kmの通りで、沖縄最大の繁華街です。ここに行けば代表的な沖縄料理、たとえばゴーヤチャンプルーやラフテー、ソーキそばなどが食べられます。さらに牧志公設市場では、1階の直売所で買った魚を2階で料理して出してくれます。国内の他エリアでは見られない魚の味を合理的に体験できるのです。沖縄旅行の代表的なお土産といえば琉球ガラスやちんすこう、泡盛ですが、国際通りのお店は、こういったアイテムの品揃えが充実しています。お店の数も多く、値引きされていることも多いので買い物するには最適なスポットです。国際通りはゆいレールの駅から徒歩圏内で、那覇空港からのアクセスが容易です。空港到着直後と出発直前に利用すると時間が節約できます。

与論島の旅行では、与論島の特産品であるもずくを練りこんだもずくそばや、もずくを使った佃煮や豆腐が人気があり、島内の居酒屋や食堂で味わうことができます。