長期間の沖縄旅行のおすすめスポット

プロ野球キャンプを見に行こう

沖縄で長期間滞在する場合のおすすめ観光スポットは、スポーツのキャンプ地が挙げられます。冬であっても20度前後の最高気温になる沖縄県内では、本島を中心に野球・サッカーといったシーズン前キャンプが盛んに行われており、それを見るためには1週間程度のスケジュールを確保しておくのが良いでしょう。沖縄県内の野球のキャンプは、2月上旬のバッティング練習・ピッチング練習が行われ、中盤になってくるとチーム内の紅白戦を見る事が可能で、ファンサービスを強化している場合は気軽にサインを貰えます。なお、2月の下旬になるとオープン戦が那覇市などの球場で開催されるので、その時期に合わせて県内を訪問すれば連日にわたって試合を見る事が出来ます。

サッカーキャンプを訪問

サッカーのキャンプは、シーズン前のチーム作りの基礎を見る事が可能です。キャンプ序盤は、体力強化・戦術の浸透・セットプレー確認といった基本的な練習に集中し、中盤以降は5対5のミニゲームや紅白戦を無料で観戦出来ます。終盤の土日になると他チームとのプレシーズンマッチが開催されますが、格安料金で会場が開放されます。野球とサッカーのキャンプ場は、その多くが那覇市から離れている事から、レンタカーや路線バスを使って行くのが一般的で、土日祝日がレンタカー利用の開始日になっている場合は、予約が埋まってしまう可能性があります。確実にキャンプ地に行きたい場合は、出来る限り早めにレンタカーやホテルを確保しておきましょう。

離島の海の特徴は、とにかく青く透明度が高いことです。西表島のツアーでは、サーフィンやグラスボードの体験ができます。